original wood furniture &order
by gachakagu
北欧の名作椅子とテーブルをあわせて
牛田:Y 様邸

ウェグナーのYチェアをご愛用の方からダイニングテーブルのデザイン・製作を
御依頼いただきました。
e0154307_10143815.jpg


ウォールナットの丸い天板に、1本脚をあわせました。


ご要望を聞きながら、ご提案していく上での課題を見つけていきます。

そして、なにより、どんな生活をされていくか、どんな風に暮らしたいか、
時には、家具だけにおさまらない話まで突っ込んでいきます。

家具は、家の一部であり、インテリアの一部であり、道具のひとつです。

手に触れることも多い、テーブルは、もしかしたらカラダの一部
と感じるかも。


ソファにもたれて、床にすわって、そこからテレビを観ることが多く
テーブルの脚が視界に入ってしまう事。

また、名作椅子に相応しいたたずまいが欲しい、という事。

フローリングの床材は、水楢の無垢材
Y様は、ウォールナットのチョコのような濃い茶色がご要望。

話し合いの上、大型の丸テーブルで決定。
天板は、ウォールナット、脚は、視界の妨げとならないよう1本脚で決定。

脚は、金属ではなく木製で、しかも、削りだしでいきましょう!


e0154307_10151591.jpg


木のかたまりから、削りだしたフォルムは、職人泣かせか、
職人魂か、、、、、、

e0154307_10154014.jpg


、、、、、、結果は、、、、、、デザインを追求して、削りだしで仕上げていく作業は、
家具職人の魂に火をつけていました。

仕上がってみて、可能性を感じる家具製作でした。
そして、あらたな、モノづくりに発展しそうです。

このような機会をくださったY様、そして、ご紹介いただいたS先生、ありがとうございました。
                                     m( )m







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by gachakagu | 2011-04-12 06:12 | 家具施工例
<< 岩国 O様邸 リビングボード 東北関東大震災義援金 個人商店... >>